eiriの青森写楽

東北の涯、青森市在住で賞や肩書を求めない素人カメラマンです。楽に楽しく撮る為にグループには属していません。つたない写真ブログですが見て頂ければ幸いです。

自宅裏の風景

秋枯れの自宅裏

自宅裏にある畑に農家の方は来ない。収穫されないピーマンが赤くなって朽ちるのは毎年の事、なぜ収穫しないのか・・・分かりませ~ん\(^o^)/11月23日 am8:13 霜の降りた自宅裏でした。📸 Olympus E-M10 MarkⅡ+12-100mm(23mm) ISO200 F10 1/125秒

自宅裏からの風景が嬉しい誤算(^^♪

2011年3月11日にGETした今の住宅は《東日本大震災》の1時間前に 以前住んでいた住宅の下取り分を差し引き、差額分を振り込んだ日でした。 住んで分かったのは自宅裏からの風景と冬の白鳥飛来&雪の捨て場所有、 特に自宅裏から見える広い空と風景は写真を撮…

自宅裏の川にハクチョウさん飛来(^^♪

冬の使者 ハクチョウさんが来ました~(^^♪ 空を飛んでいたのは確認していました。 自宅裏の川に降り立ち、長旅で疲れた身体を休めています。 グレーのハクチョウさんは幼鳥、徐々に白くなっていきます。 *拡大で見られます。

晩秋の細道

自宅裏の一車線しかない砂利道の農道を通る車はない。 散歩する人とお犬様だけの道も晩秋の装いです。

晩秋の自宅裏

青森市内に雪がチラチラ舞うことはあっても降っている感じはしない。 平年は一回くらいは数センチの降雪がある。 それでも寒いのは変わりなく日中でも居間のストーブ点火は欠かせない。 自宅裏のススキも枯れ掛けて雪に埋もれるのを待つだけです。

疲れたら空を見ようか (^^♪

京都旅の前後を含めて10日間はジョギングが出来ませんでした。 走れない・・・じゃなく《走らなくなる》との不安もありましたが 帰宅後に3日間、何時ものコースを走っています。 今朝は雪がチラチラ舞う暗い道を目印のライトを持ちながらでした。 写真以…

自宅裏は今が撮り頃 😊

自宅裏から見る東側、奥の山は‟東岳(アズマダケ)”と言います。 その遥か向こうには太平洋が広がり、南には‟八甲田山”が広がっています。 冬が近づくにつれ、西の日本海から冷たい風が吹き、やがて雪が・・・。 灰色の空から毎日のように雪が降りる日々、3月ま…

自宅裏の川で自撮り影

自宅裏の川に沿って農作業車用?に一車線だけのジャリ道があります。 勝手口の真向かいに架かる橋を渡って散歩することも・・・。 台風19号で川の増水は見られましたが心配することの無い程度、 平日は空に伸びる川草が水に泳がされているだけで済みました…

二度と来ない日の始まり~!

昨日からの雨が止んで今日5時からジョギングしてきました。 Tシャツの上に薄手のウインドブレーカーを着て1時間(10キロ)、 西の方角(日本海)から吹く冷たい風が「もう直ぐ冬だよ~」と叫んでいます。 徐々に明るくなる街に季節の移ろいを感じ、二度と来な…

八甲田山に雲帽子

自宅裏からは東に《東岳(アズマダケ)》南には《八甲田山》が見えます。 数個の山を一緒にした呼び名が八甲田山、単独の八甲田山はありません。 そんな山々が雲の帽子を被っていました。 10月中旬には雪化粧の山々が見られるかもしれません。

朝陽に輝く自宅裏!

朝陽が昇って輝く風景《放射冷却現象》が見られるようになりました。 ススキの見頃は雪の降ることもある11月中旬迄かな?。

陽は今日も昇る 🌞

♬ 陽は また昇る どんな人の心にも あぁ~生きてるとは 燃えながら暮らすこと・・・ アリスの《陽はまた昇る》の歌詞です。 台風崩れの低気圧が去った青森市、 早朝にジョギング出来なかったので これから10キロ(1時間)走ってきます。 *数日前の自宅裏・・…

自宅裏で撮った秋の空

11月中旬には雪の降ることもある青森市、 早朝のジョギングは薄手のウインドブレーカーになりました。 今日も5時から10キロ(1時間)走って朝シャン&シャワーです。 9時20分頃には用事で出掛けます。 自宅裏で撮った秋の空を見て下さい。*拡大で見られます…

自然は何時もドラマチック!

9月11日昼頃に自宅裏から撮った一枚です。 午前中の雨が上がり低い山並みから雲が湧き出ていました。 自然は一時も留まることは無いし同じ風景もありません。 📷 Olympus E-M10 MarkⅡ+75-300mm ISO200 F9 1/160秒 アートフィルターのドラマチックトーンで《…

もう秋なのか?

数日前から30度越がなくなった青森市、早朝に散歩する方は長袖、 Tシャツに短パンで走っていても汗をほとんど掻かなくなりました。 自宅裏から見る東の空も秋の風景が広がっています。 *拡大で見られます。

黄色とんぼ?

とんぼが飛び交う自宅付近ですが、今のところは黄色ですね。 ネット検索では赤くなるのはオス、メスの気を引くためだという。 これから増えてくると思う赤とんぼで徐々に秋めいてきます。 📷 Olympus E-M10 MarkⅡ+12-100mm ☝の一部分を切り取ったのが☟です。

自宅裏で撮った染まる雲

数日前に撮った夕方の自宅裏です。 30度以上の日々が続く青森市、 夜の《ねぶた運行》は明日の6日で終わりです。 *拡大で見られます。

月山・・・こんなタイトルしか浮かばない

自宅裏から撮った一枚、こんなタイトルしか浮かびません。 山本一力さんが書いた《月山》?という小説があったような・・・ 元々文才の無い身、年と共に脳が劣化しています。

青い日輪?・・・初めて撮った~\(^o^)/

早朝ジョギング後の6時頃に自宅裏で撮った空です。 太陽にカメラを向けファインダーを覗くと太陽の周りに輪が・・・。 カメラをチョッと動かすだけで輪の状態が微妙に変化します。 逆光の時、レンズに反射して出来ると思う輪、一枚だけアップしますね。 時…

青森の赤い月

昨夜7時頃に自宅裏から撮った月、下に山を入れて《パ写》 実際はもっと明るかったんですが、-4.0補正で撮っています。 絞り優先でファイル情報はISO 400・F7.1・1/80秒でした。

手の届かない巨大な指

昨日、写真展に行った。 展示作品の中に弘前公園で撮ったと思われる《花筏》が一枚、 その中央付近に赤と白のバラが綺麗な状態で10個くらい浮かんでいる。 こんな堀の真ん中にバラ???、桜の木々の中にバラがあったけ? 風に舞って堀に落ちるサクラのはな…

川は流れる by 自宅裏

眼に見える物の中で一番強いのは水だと言う方がいる。 変幻自在に姿を変えて襲い掛かる水、でも水がないと生きていけない。 そんなことを思いながら自宅裏で撮った一枚です。 ♬ 人の世の 塵にまみれて なお生きる 水をみつめて 嘆くまい あすは明るく

被写体が一つ減ったけれど「まぁ、いいか」

去年まで自宅裏にあった田んぼ、今年は田植えをしていません。 耕してはいますが、それで終わったままの状態です。 四季の風景として被写体になってくれましたが寂しいですね。 気を取り直して撮った自宅裏からの一枚を見て下さい。 Olympus E-M10 MarkⅡ+12…

川は流れる・・・自宅裏で《パ写》

www.youtube.com 作詞:横井弘 作曲:桜田誠一 歌手:仲宗根美樹 病葉を 今日も浮かべて 思い出の 橋のたもとに ともしびも 薄い谷間を 街の谷 川は流れる 錆びついた 夢のかずかず 一筋に 川は流れる ささやかな 望み破れて ある人は 心つめたく 人の世の …

自宅裏から撮った八甲田山

自宅裏から撮れる八甲田山も4月1日から車の通行が可能になりました。 11月から3月まで《酸ケ湯温泉》から《猿倉温泉》までは通行不可、 青森市内では夏タイヤに履き替える方も出ていますが、八甲田を通って 奥入瀬渓流・十和田湖まではスタッドレスが安…

陽はまた昇る

♪《陽はまた昇る》・・・作詞 ・作曲・歌 谷村新司さん 陽はまた昇る どんな人の心にも ああ生きてるとは 燃えながら暮らすこと 冬まだ遠く 悲しむ人よ貴方を愛す 昨日UPした‟白い花・・・”と同じ朝6時頃に撮っています。 撮りたい・・・その場に立ったら一…

青い空白い雲の田舎へ帰ろうか

帰ろうか 帰ろうか 田舎のあの家へ 青い空 白い雲の 田舎へ帰ろうか あの家へ帰ろうか あの家へ帰ろうか あの家はもうないのに・・・ ♪ 《望郷》 作詞 作曲 歌手 山崎ハコさん *父母の亡くなった家は もうない

自宅裏にも春よ恋 早く来い

自宅裏にも春が近づいています。4月下旬には田植えが始まるでしょうか。 川にいたハクチョウさんも北帰行、カモ類や時々サギが見られる程度です。

は~るよ恋 は~やく恋

はーるよ 恋 は~やく 恋 青森市の積雪がゼロになりました。 平年は3月下旬~4月初旬なので早っ。 昨日の自宅裏です。

自宅裏から《パ写》

住宅街の外れにある自宅、裏の川を挟んで一車線の農道があります。 その裏から見える風景を時々UPさせて頂きますね~。 去年の3月13日夕方に撮った一枚、青い森鉄道(旧東北本線)を走る ‟モーリー電車”が夕陽に染まっていました。